読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソレイジアファーマの未来について

昨日の株式市場はトランプ大統領のオバマケアの代替法案の取り下げということもあってか、全面安となった。

午後に日銀によるETF買いがあったが、焼け石に水のような状態だった。

先週上場したソレイジアファーマーの値下げが午後2時30分ごろから激しかった。

前場は280円を天井でそれ以上上がることなく、少しずつ下落しついには公開価格を下回る直前となった。

最終的には238円で上がったものの、正直この下落は痛い。

下落幅はー12%と高いので今日は、反発を信じたい。

しかし直近IPO銘柄は、マネーゲームという。

どこか切りのいいところで利確したいものだが、果たしてうまくいくろうか。

少しだけ期待を持たせる内容としては、PTS(夜間取引)のほうは242円で終了したことだ。

あまあてにしてはいけないと思いつつも、少しだけ期待してしまうのが、人間の心理というものなのだろか。

ツイッターでは、そーせいの動きと同じではないだろうか。という人もいる。

現に承認されるのではないかという案件が3つ控えているという。

そういうことを考えると、あまり長い間持つような株ではないだろうと言える。

少しずつ安いときに買い集め、噴いたところで上手に売る。

まさしくこれが、金持ちへの道程なのではないだろうか。