偏見というものが少しずつなくなっているという件

ここ数年で変わったな~と思うことがある。

例えば、昔は漫画を描いている。というのは結構カッコ悪い対象になっていたときもあった。

アニメが好き。ゲームが好き。パソコンが好き。なんていうのも、どこかオタク扱いされ、中々冷たい視線を浴びていたものだ。

今でもあまり良い目で見られることは少なくないが、それでもかなりましになったのではないだろうか。

アニメや漫画、ゲームが好きというのは、芸能人がたちが公言をし始め、

パソコンに至っては、インターネットバブルで数々の寵児たちを生み出した。

全て関係しているのは、「金が稼げるものかどうか」というものではないだろうか。

 

今ではブログもほとんどの芸能人がしているといっても過言ではないし、それどころか

ブログによって有名になった人も数多くいる。

個人的にはここまでブログという文化が広まるというのは良そうもできなかったし、

毎日ブログを更新するなんてできないだろ。と思っていたりもした。

個人的にはアニメも漫画も好きだ。

今冬はこの素晴らしい世界に祝福を! や幼女戦記など中々秀作があったし

今春は進撃の巨人シーズン2の放送も土曜日始まる。進撃の巨人といえば昼寝姫がどうも調子の悪そうなIGポートだがここで挽回し、株価上昇につなげることができるか!?