支えている人たち

戦争が近いからなのか、防衛関係銘柄の上昇が目立つ。

有名な銘柄では、石川製作所だが今日は19.63%という高い上昇率となった。

戦争が近くなると決まって上がるのが、金と原油だ。

そんなわけで、金の銘柄と原油の銘柄調べてみると、ほぼ80%ほどの銘柄が上昇している。

いかに今が緊張状態なのかが理解できる。

そして今日はIPO銘柄が、特にソレイジアファーマなどが特に堅調だったように見えた。

そしてJFLAだが、一時59円まで上昇するが、結局57円で絞める。

今日はあまり見ていなかったのだが55円、54円に異様に買いが入っていた。

まるで防衛ラインを張っているようにも見えた。

JFLAを購入して一週間くらいになるが、この銘柄はつくづく個人投資家によって支えられていることが分かった。

株式市場では個人投資家はどちらかというとよほど知識や技術、金銭を持っているものは別として、ほとんどの人は吹けば飛んでいってしまうような人がほとんどなのだと思う。

そう考えると、個人投資家が団結して支えているという銘柄はかなり少ないのではないか。いつまでこの相場が続くかはわからないが、最後まで見届けたいものだ。