次はゲームセクターも調べてみることにしよう。

東京マーケットワイドを観ていたら、モバイルファクトリーの社長が出演をしていた。

社長が言うには、将来ロボット化などでの産業が発達すると、余暇を持て余す時間が多くなる。その余暇を楽しむために、エンターテイメントというのが役割を果たすと、言ってういた。

 

確かに、注目のタイトルが発表されるたりすると、すぐにストップ高になる。

最近だと乃木坂46とのコラボのゲームを発表したエムアップなんかは、少し前までは1000円にも達していなかったにも関わらず、あっという間に4000円をつけた。

 

そう考えると今のうちに安い、買えそうな、時価総額の低いゲーム会社を買っておくのもいいのだろう。

確か、9月くらいに東京ゲームショウがあるから、そのときくらいまでに何か仕込めればいいなあ。

ソレイジア早くIR出して……。