ウルフ銘柄というものについて考えてみた。

リミックスポイントやアンジェス、ここ数日だと神鋼鋼線などいわゆる『ウルフ銘柄』と呼ばれるのはツイッターを見ていればかなり多くある。

リミックスポイントは、1095円

アンジェスは、637円とかなり苦戦? と強いられているように見える。(もちろん、誰がどのように見るかで、様々な意見が出てくるであろう)

 

f:id:mecachocobo:20170807234956p:plain

 

まずはアンジェスの日足チャートを見てみると、アンジェスに関しては決算が出てから下落し続けている。

しばらく雲の上の攻防が続き、少なくとも9月くらいまでは上がるようなことはないように思われる。

ただ、雲の下を抜けてしまうと、かなり危険水域になってしまうのでないだろうか。

 

次にリミックスポイントを見てみる。

 

f:id:mecachocobo:20170807235437p:plain

 

これは、すで雲の中に突入してしまい、しばらくよほど大きいIR等がでない限りしばらくは、雲の中にいるであろうと予測できる。

 

さて以上2つの銘柄を出したが、ウルフ氏が公言している1000円だったり、3000円には中々近々には難しいようにも思える。

だが今回は1000円に到達するとかしないとかを論じる気はない。

元々ウルフ氏が推奨をする、銘柄はボラが大きいものが多い。これは元々本人が言っている。

 

 

つまり、デイトレード、もしくは、スキャルピング等に向いている銘柄――もっというと、あまり長く保有するべき銘柄というものではない。のではないだろうか。

 

買って、売って、逃げる。ウルフ氏がよく言っていることだが、まさしく、その通りにしておけば、勝てる可能性がぐっと高くなるのではないか。

もう少し付け加えると、ある程度プラスになったら、欲を張らずに、利確をするということ。

そして一度利確をした銘柄はしばらくは手をつけない。

仮に買ったときに下がったとしても、大きく負けないうちに利確して、次の銘柄へ切り替える。

 

氏の言いたいことをまとめると、こういう事なのだろう。

 

もちろん、長期持ってもいいのだろうが「ある程度の上げ下げは我慢しろよ」というようなことなのではないか。

 

長期で保有するべきの銘柄については、一言長期で。と明言してある。

例えば、THEグローバル社などがそうである。

 

とにかく、ウルフ銘柄の場合は、できる限り早く利確しておくというのがベストではないか。

<a href="//stock.blogmura.com/ranking.html"><img src="//stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 株ブログへ" /></a><br /><a href="//stock.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>