9月相場開始

『枯れ相場』といわれている8月がようやく終わり、少しずつだが株価も回しつつあるのではないだろうか。

自分はまだ相場に足を踏み入れて1年も経っていないので、正直8月の相場をかなり甘く見ていた。

結果、資金は半分以上無くなってしまった……。

まあそれは置いておくとして。

 

例えば、3825リミックスポイントもかなり多くの、IRを出し、いつもなら株価が大きく上昇してもおかしくはない状況だった。しかし大した上昇もないどころかチャートを見てみると下落傾向にあのが分かる。

 

f:id:mecachocobo:20170902032611p:plain

当然、ここから少しずつでも上向きに株価がなってくれればよいが、最悪、1000円以下の窓埋めのところまで下落する可能性すら残っている。

 

さらに未だ北朝鮮リスクというものが漂っている。現在のところ、9月9日には、北朝鮮建国記念日で、核実験が行われる可能性があるという。9日は土曜日なので、株価に影響があるのかどうかは、不明だが、油断はできない状況が続く。

 

残念なことにリミックスポイントは材料があるにも関わらず、大きく上がる可能性はあまり高くないのではないか。もちろん、リミックスポイントだけではなく、他の銘柄も大きく下落する可能性はある。(石川製作所などの軍事防衛関係などは別)

 

普段の年は9月から12月くらいまではそれなりに、株価も上昇傾向にあるそうだが、今年の9月は北朝鮮リスクだけではなく、ニューヨーク株式市場も大きく下落する年になるといわれている。7のつく年は過去、大きく株価が下がったらしい。この下がったときに、いかに株を買えるか、というのがかなり重要になってくるのではないか。

 

苦しい8月がようやく終わったのはいいが、まだまだ安心してはいけない時期に差し掛かっているように思える。

 

重要なのは資金管理!! ということだろう。