Binance銘柄紹介 Aeon編

海外の取引所は概ね100種類前後の仮想通貨を扱っていることが多い。

ただ、BinanceやBittrexなどメジャーな取引所にも関わらず、あまり知られていない仮想通貨というものも多い。もしかしたら、『お宝コイン』になるやもしれないので、

知っておくのも良いのではないだろうか。

今回は「空の安全を守るブロックチェーン」のAeronを紹介していく。

 

【Aeronとは】

AeronはBinanceだけではなく、KuCoinなど計8つの取引所へ上場している仮想通貨だ。

冒頭でも書いたように「空の安全を守るブロックチェーン」として2017年11月販売された。

元々は1億枚を上限だったが、未販売の残りのコインを全てバーン(焼却)することで現在は2000万枚となっている。

 

バーンをしたことで発行枚数が劇的に少なくなり、希少性が高まり価格が上昇し易くなる。2000万枚というのは仮想通貨の中でも少ない部類にあるので、きっかけひとつで大きく上昇し易いだろう。

 

Aeronの特徴】

 

Aeronは航空業界の問題点、特に航空事故の解決に焦点を当てている。

下図を見てもらえば分かるが、航空事故の大半は人的要因と技術的な要因のようだ。

 

f:id:mecachocobo:20180512045013p:plain

https://aeron.aero/

 

つまり年に何回か大きな航空事故が起こるたびに、報道されるが、8割の航空事故を防ぐことができる、ということになる。

 

そして航空事故の発端になってしまっているであろうが原因以下の通りである。

 

f:id:mecachocobo:20180512045339p:plain

https://aeron.aero/

 

これらの問題を解決するために、Aeronは以下のシステムを導入しようとしている。

 

f:id:mecachocobo:20180512045834p:plain

現在、ウェブポータルはリリースされているようだ。

 

f:id:mecachocobo:20180512051014p:plain

https://aerotrips.com/

 

 

【Aeronの将来性】

 

現在Aeronはロードマップをみても、連携等の動きは来年以降になっている。短期的な値動きというよりは長期的な視線で、みておいたほうが良いだろう。それでもAeronのシステムは、航空学校(例えば日本では日本航空大学校など)やJALANAなどの航空企業に採用されることで、Aeronが大きく注目をされるだろう。

 

【まとめ】

航空業界の関連の仮想通貨は、あまり多くのないのではないだろうか。それに多くの取引所で取引が可能になっているので、それなりに信頼性は高いのではないかと思っている。技術的には革新的な部分が非常に大きいので、購入するのもベターではないか。

 

 

 

 

 

仮想通貨業界の重要イベントConsensusとはなにか。

昨年5月22~24日にかけてニューヨークのマリオネット・マーキスでConsensusと呼ばれているものが行われた。何を隠そうこのイベントは仮想通貨にとっては非常に重要なイベントになっていて、現在で3回行われている。

 

そのConsensus2018が、再び今年の5月14~16日にかけてニューヨークで行われることになっている。ではどうしてConsensus2018年が重要なのかを昨年のConsensus2017年に何があったのかを思い返しながら書いていく。そして2018年に注目のスピーカーも書いていく。

 

【Consensusとは】

冒頭でも書いたように今年の5月14~16日にかけてニューヨークで行われる

www.coindesk.com

 

主に仮想通貨に関わっている人物たちが集まり、今後の仮想通貨がどのように発展していくか、または問題点などを話し合う場になっている。

 

多くのスポンサーとスピーカーが登壇するが、残念なことに日本企業がスポンサーとしては参加していないし、日本人が登壇することはないようだ。

 

 

Consensus2017】

 

Consensus2017で最も注目度の高かった提携が下の通りだ。

 

・Ethereum  EEA(Enterprise Ethereum Aliance)にトヨタ自動車サムスンなど計86社の加入が発表され、Ethereumの価格は54%上昇した。

 

・Zcash JPモルガン銀行との提携が発表されたのもConsensus2017だった。Zcashの価格は大きく上昇し最高で280%もの上昇を記録した。

 

Consensus2018

 

現段階で注目されている、登壇者を紹介する。

 

・Litecoin ライトコインの創設者であるチャーリー・リー氏が登壇することになっている。

 

・Zcash CEOが登壇予定となっている。

 

 

2017年はEthereumやZcasが提携を発表したことでConsensus後多くのアルトコインが勢いに乗って大きく高騰している。

今回も提携などの情報が発表されれば、多くの仮想通貨が上昇する可能性が高いのではないか。と思っている。

 

 【まとめ】

 

ビットコインに限らずアルトコインもどこか上がりそうで上がらない、もどかしい状態が続いている。Consensusをきっかけに多くのコインが再び大きく上昇するきっかけになってほしい。

 

 

 

2020年までに大きく上昇するであろうiOT関連の仮想通貨

IOT関連の仮想通貨は現段階で3種類ある。Ethereum、IOTA、それにContactNetだ。
以下簡単な表で時価総額等をまとめた。
 

 

 

時価総額

発行枚数

現在の価格

Ethereum

7兆5000万

1億2000万?

82000円

IOTA

6400億

2800兆

250円

ContractNet

1300万枚

91円

 

ちなみにContractNetの?は、CoinCapでまだランクインされていないようなので?にしておいた。表をみてもらってもわかるようにContractNetだけ図ぬけて、価格が低いのがわかる。

 
 

btc-alpha.com

 

 ただ5月中にもCoinBeneという中堅の取引所の上場が決まっているので、今以上の上昇も期待できるのではないか。

 
【3つの提携先など】
 
実際、価格の上昇の鍵となる各企業などの提携先などはどうなっているのだろうか。Ethereum、IOTA、それにContractNetをまとめた。
 
Ethereum EEA(Enterprise Ethereum Alliance)日本語ではイーサリアム企業連合というものがある。代表的な企業にMicrosoftintel 、JPMorgan、MUFGKDDI,NTTDateなど多くの日本だけではなく世界的に著名な企業が多い。
 
IOTA 富士通アクセンチュアボッシュフォルクスワーゲンなど有名な企業と提携をしている。さらに台北市とも提携を結んだ。
 
ContractNet 富士通シンガポール、BitFuryなど。
 
ContractNetEthereum、IOTAは2つのコインと比べるとかなり水を開けられてしまっているのが実情だ。ただIOT関連産業は、2020年までに1兆ドルま市場が拡大すると予想されている。ContractNetも今のままで終わる可能性は非常に低い。
 
元々ContractNetEthereumの弱点を補って作られているのだから、Ethereumに何か大きな問題が生じたときに、ContractNetがどう評価されてくるか注目すべきだろう。
 
もちろんEthereumが、問題が起こるかどうは分からないが、ウェブボットという仮想通貨の予想プログラムによると、Ethereum今年半ばと秋ごろにスマートコントラクトに深刻な問題が発見される、との予測がでている。
 
この予測を信じるか信じないかは別として、もしこの予測通りになるとするならば、ContractNetは価格を大きく上げるチャンスになるかもしれない。
 
【まとめ】
 
Ethereum、IOTA、それにContractNetはここ数年で大きく上昇することは誰がみても明らかだろう。ただまだまだ価格が低く時価総額も極端に低い、ContractNetが一番リターンが大きいのではないだろうか。
 

2018年ダッシュは新しく生まれ変わるか。

暗号通貨の中には、匿名性の強い通貨がいくつかある。

代表的なのが、モネロ、ダッシュ、ジーキャッシュの3種類だ。

 

プライバシーを守ることができるという大きなメリットがあるものの、匿名性の強さから、ダークマーケット(武器や違法薬物等の売買)で使用されていることが多く、様々な国家から睨まれているというデメリットもある。

 

 しかしダッシュだけは去年末から、少し違う動きをしている。

 

【ダッシュコインとは】

 

ビットコインより発行枚数が少ない1900万枚といわれている。そしてコインミキシングという送金方法とインスタンドセンドという独自の送金方法でビットコインをはるかに速い送金方法を備えている。

 

【コインミキシングとは】

 

ビットコインを含むブロックチェーンを採用しているコインは、全ての取引履歴がインターネット上でオープンにされていなければならない。

しかしダッシュなど匿名性の強い特性を生かし、送金された額以外を閲覧することは不可能となっている。

 

【ダッシュコインの新しい展望】

 

昨年11月27日、ダッシュは20年前からのハイパーインフレで自国通貨のない、ジンバブエでKyvaCashと共に共同決済システムに投資した明らかにした。

 KyvaCashと共に共同決済システムへ投資によって、ダッシュがジンバブエで携帯電話を持っている人はダッシュを使用して決済が可能になった。

 

東南アジアにOmiawGoというコインがあるが、このコインは、銀行口座をもつことができない人とためのコインとして大きく価値を上げている。

ただ東南アジアは自国通貨がしっかりと機能しているため、OmiawGoが自国通貨になることはほぼあり得ない。

 

 しかしジンバブエの場合すでに自国通貨が消滅しているに近い状態なので、ダッシュが自国通貨となる可能性は大いにある。

 

さらに今年南アメリカの大手取引所であるBitINKAと統合を発表した。

南アメリカではジンバブエまではいかににしろ、インフレ率の高い国々が多く、政府発行紙幣の代わりになるのではないかと期待されている。

 

【まとめ】

 

匿名性の強いコインは何かと悪いイメージがつきやすいが、現実世界での浸透も進んでいる。モネロやジーキャッシュが今後どうなるかは分からないが、ダッシュに至っては、ジンバブエの件が成功したら、世間の目も変わってくるだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トロンの1月の期待材料と将来的な価格

2017年に登場し、去年の末から大ききく値を上げたTRON(トロン)。

しかし1月7日にホワイトペーパー盗用疑惑が出てから大きく値を下げてしまった。

 

影響力のあるインフルエンサーなどがこぞって否定したことも、要因の一つといえるんではないか。

 

しかしCEOであるジャスティンが否定していることもあってか、上がることもなければ下げることもない、ほぼ横ばいの状態になっている。

 

おそらく今週末に発表されると思われる、提携への期待の表れなのだろう。逆をいえば提携先次第で大きく上昇するし、大きく下落をしてしまうだろう。

 

【トロンの概要】

発行量は1000億TRX。

時価総額は約5900億円

 

トロンは、世界的な無料コンテンツエンターテイメントシステムを構築を目指す

ブロックチェーンベースの分散型プロトコルである。

 

つまり、管理人のいないyout tubeのようなものを作ることによって、広告収入に頼ることをしない、クリエイター保護のシステムを作成しようとしている。

 

ジャスティン氏はユーザー数1000万人をほこる、中国ストリーミングサービスであるPEIWOのCEOでもあるので、クリエイターがいかに軽んじられているかが分かるのだろう。

 

【現在分かっている1月の材料】

 

・宇宙関連産業とのパートナーシップ

・日本の取引所への上場予定(Zaif?) 

・20%のコインバーン

・30%のロックアップ

 

以上が挙げられる。ちなみに日本への取引所がZaifと予測しているのは、ジャスティン氏がTwitter上でZaifをフォローしているからである。

 

それに中国政府から国家ハイテク企業の承認を受けたという発表もあった。

 

【トロンを所持する理由】

https://uslifed.com/price-prediction/tron-coin-price-prediction

 

上のサイトにはトロンの2018年~20201年までの価格予測を公表している。

 

まず2017年度。

f:id:mecachocobo:20180113031516p:plain

次に2018年度

f:id:mecachocobo:20180113031600p:plain

最後に2020年。

f:id:mecachocobo:20180113031633p:plain

2020年12月には日本円で5000円以上になっている可能性がある。

 

それに2020年というのは、トロンの6つあるロードマップの2段階目だという

 

ことを忘れないでおきたい。

 

トロンのロードマップは全部で6つある。

 

1段階目のエクソダスから始まり最終段階であるエタニティは2027年まで

 

とされている。

 

2020年には5000円を超えている可能性があること、2020年でも道半ばにも至っていないことを考慮すれば、断然ガチホだろう。

 

ただ、あくまでも予測なので、身を崩すような買い方は止めておいたほうがいい。

 

 【トロン売っている取引所】

 

残念ながらトロンは現在、日本の取引所で購入をすることはできないので、一旦coincheckなどでビットコインを購入し送金してから、バイナンスなどで購入しないといけない。

 

 

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコインの急騰止まらず!!!!

どうやら今日の8時前に1ビット230万円を超えたようだ。

 

下のチャートはZaifなのだが、Zaifは少し高め。

 

f:id:mecachocobo:20171208112058p:plain

昨日は200万超えるか? なんて言っていたのだが、またしても

 

予測外れてしまう……。

 

というか上げるのが急すぎる。

 

11時現在大きく下落し、200万円をきってはいるが、それでも調節には

 

ほど遠いのではないか。

 

18日にシカゴ先物市場で上場、さらにハードフォークも

 

5件控えているということも上昇の一因になっているのだろう。

 

もちろん急落、暴落もあるだろうが、昨日書いたウェブボットの予測も

 

年内に超えてしまうという可能性すら出てきた。

 

とりあえず今いえることは「ビットコイン買って寝てろ!!」と

 

いうことだ。

 

それ以上に、ビットコインがどこまで上昇するかを見届けるというのも

 

楽しいのではないか。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン急騰!!

過去の記事でビットコインは年内150はいかないだろう、と書いたと思うが、

 

予想を上回る高騰でとうとう150万円を超えてしまった。

 

f:id:mecachocobo:20171207141352p:plain

 

今日だけでも30万円近く上昇しているし、12月1日から

 

50万以上も上昇している。

 

もう少しゆっくり上昇でもいいと思うのだが、去年の年末と同じ

 

ように思える。

 

モナコインもそうだが少しずつ、ビットコインなどを買っている人が

 

多くなっているのだろう。

 

ウェブボットの予測の予測では、来年の秋くらいに

 

220万ほどだったはずだが、いい意味でかなり短縮

 

されるのではないのではないか。

 

もしかしたら年内に200万円まで到達してしまうのかもしれない……。

 

ただ、山高ければ谷深し、ともいうので現物で買っている人は

 

急激な下落をしたとしても、握力全開で保持しておくことを

 

おススメする。

 

FXをしている人は数週間前の120万から100万円台前半くらいまで下落した

 

事例もあるので、注意したい。

 

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin