トレイダーズ急上昇。

6/22日、クソ株、ぼろ株と言われていたトレイダーズHDが急上昇した。

トレイダーズの子会社であるみんなのビットコインが、株式会社deBitと資金決算サービスを業務提携したと伝えられたからだといわれている。

しかし後場引けにかけて大きく上がったり大きく下がったりした。

翌日、急落したが、ツイッター界隈でも有名な、シャーク麗子氏やウルフ村田氏も中に大口が入ったとツイートしている。

 

 

最近はエス・サイエンスなど安い株に焦点を当てられているが、トレイダーズもそれに近いのであろうか。

大口が入ったということは、問答無用に上げてくるのであろうが、何かしら理由がある可能性もあるのではないだろうかと思っている。

そんなわけで、トレイダーズがどうして上がったのかを少し考えてみた。

 

・7月1日から、仮想通貨が消費税がかからなくなる。

・株式会社deBitと資金決算サービスを業務提携の他にも大きなIRがある。

 

個人的には2つしか思い浮かばなかったが、

 

 

ここまで言うには何かしら理由があるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

来月様々な思惑で動くかもしれない。

関西在住の方は知っているのかもしれないが、関西から離れて住んでいる方は知っている人も多くはないだろうか。

 

今年の7月15日に兵庫県淡路島に漫画とアニメのテーマパーク、淡路マンガ、アニメが開業する予定らしい。

 

チケット販売は6月15日から販売で、人材誘致という名目で派遣会社として有名なパソナグループが開設させた。

 

現在開設予定のものは、ナイトウオーク火の鳥クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークの2つ。

 

打倒に考えると、テレビ朝日、パソナ、東映アニメーションだが、これらがきっかけで

新興市場にも波及するかもしれない。

 

何かと思惑で動く株式市場、これがきっかけでアニメ関係や漫画関係は動く可能性はあるのではないだろうか。

今はこの5つの銘柄が強い!

6月9日までで大口と言われいるのが入っているといわれているのが、

ピクセラ

リミックスポイント

アンジェス

オルトプラス

サイバーステップ

 

ピクセラは少し前に、グーグルのテレビ事業の10社の中の1つに選ばれたし、

リミックスポイントは、ビットコイン関係。

アンジェスは、先日遺伝子関係で新しい発表があった。

そしてサイバーステップは、トレバなどの新作ゲームの期待感が強い。

アンジェスは金曜日のPTSの結果、ストップ高になる可能性が強い。

リミックスポイントとオルトプラスは個人的には持っていないので、安くなったところを買いたい。

オルトプラスは少し高すぎて買うことはないだろう。

 

しかし、リミックスポイントとピクセラに関しては、両銘柄共に日足のチャートを見てみると、窓開けの部分が気になる。

リミックスポイントはまだ大丈夫かもしれないが、ピクセラのほうは、新値高値八手に近いのではないだろうかと思う。

 

元々仕手株として有名らしいから、月曜日くらいから少し警戒をしていてもいいかもしれない。

 

 

 

学会シーズン到来

がん学会というのはどうやら6月に集中しているらしい。

何かと思惑で上がる株価。

何かしらの株価にも影響があるのではないだろうか、と初心者なりに考えてみた。

 

6月にある学会の種類は

6月14日 日本がん分子標的治療学会学術集会

6月16日 日本がん予防学会総会

6月28日 日本がん免疫学会総会

以上3つもある。

 

それも来週に2つもまとまっていることを考えると、来週何かしら『思惑上げ』というものがあるのではないか??

とりあえずがん関連の企業をあげてみる。

 

4564 オンコセラピー   現在246円

4594 グリーンペプタイド 現在521円

4584 GTS       現在1307円

2370 MDNT      現在131円

4571 ナノキャリア    現在636円

2191 テラ        現在476円

とりあえず新興市場に絞った。

来週この中で1つでも上がればいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

次はゲームセクターも調べてみることにしよう。

東京マーケットワイドを観ていたら、モバイルファクトリーの社長が出演をしていた。

社長が言うには、将来ロボット化などでの産業が発達すると、余暇を持て余す時間が多くなる。その余暇を楽しむために、エンターテイメントというのが役割を果たすと、言ってういた。

 

確かに、注目のタイトルが発表されるたりすると、すぐにストップ高になる。

最近だと乃木坂46とのコラボのゲームを発表したエムアップなんかは、少し前までは1000円にも達していなかったにも関わらず、あっという間に4000円をつけた。

 

そう考えると今のうちに安い、買えそうな、時価総額の低いゲーム会社を買っておくのもいいのだろう。

確か、9月くらいに東京ゲームショウがあるから、そのときくらいまでに何か仕込めればいいなあ。

ソレイジア早くIR出して……。

 

 

そろそろ新薬来るか!!

少し前まではバイオ銘柄は若干上向き傾向だったが、いつの間にか仮想通貨場ぶるに突入し、任天堂銘柄も人気となった。

ソレイジアは高値であった650円をつけて以来、株価はダダ下がりである。

そして今日はついに久しぶりに500円をきる寸前まできてしまった。

 

もう少し下がるのではないか。

ここいらが底値だ。と様々な意見がツイッターを始め掲示板で飛び交っているが、実際はどうなるのだろうか。

 

個人的な希望としてはそろそろ止まって欲しいものである。

株価下落が止まって上昇すればなんの問題もない。

しかし500円切ったら損切りをするべきかもしれない。

でも信用買いもしていないので、そのまま握りしめているというのも考えの1つである。

 

7月頃に新薬の承認が下りるのではないかと言われているが、そう考えると残り一ヵ月、違う銘柄を買うというのも手だ。

ただ余計なことをして資金を減らしてしまうという行為は何とか避けたい。

 

まあ……なんて難しいもんだいか……。

 

 

 

ラクオリア製薬IR発表。

後場が終了し、20分ほど経ったとき、ラクオリア製薬が米国での特許査定受領の

IRを出した。

kabutan.jp

前場後場ともに冴えなかったラクオリア製薬だが、PTSでは、IRの効果もあってか、一気に跳ね上がる。

f:id:mecachocobo:20170523194821p:plain

 

おそらく明日も大幅に株価を上昇させてくるだろう。

何かしらでかいIRが出るとストップ高が続くのは、少し前の沢藤電機で見てきたから

全くもって持っている人がうらやましい限りである。

 

バイオ銘柄やゲーム銘柄は買ったら、寝てるだけでいい。というのを聞いたことあるが、まさしくその通りだと思った。

実際、大口が入っていると思われる銘柄は黙っていても株価が上昇している。

 

もちろん、ソレイジアファーマもその一つだろう。

ここ数日、株価は下落していたが、今日は620を回復し明日は大幅に上昇すると期待されている。

現在のソレイジアファーマはほとんどIR待ちの状態なので、実際に期待のできるIRが飛び出したらどのくらいまで跳ね上がるであろうか。

思惑だけで大口がいくつも入ることを考えると、テンバガーも期待できるし、それ以上に数年前のガンホーやそーせいなどのように一気に株価の上昇に期待したいし、そうであってほしい。