読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリコム買いたいなぁ……。

ゲーム株が盛況だ。

アカツキにアエリア、そして今日新しいゲームの発表があったドリコム

本来ならどれか一つでも買っていればよかったのだが、いかんせん金がない。

ギリギリドリコムは買えるかもしれないが、おそらく明日はかなり上の方になってしまうだろう。

そう考えると、リスクになってしまうのではないか。と頭をよぎる。

もう少し金があればなあと思うが、こればかりは仕方がない。

あまり高くないものを狙って買おうかと思うが、いまいちこれといったものがない。

そういえば昔読んだ孫子の中にも、敵との戦い方について書いてあったようなことを思い出した。

国力の富んでいる国の戦略の立て方や国力の少ない国の、戦略の戦い方などが書いてあったような覚えがある。

まさしく今の自分は国力のない側なので、何かヒントとなるものが書いてあるのではないか。

明日はGWの中日なので後場になったら、来週に備えて何か仕込めるようなものがあれば仕込むことにしよう。

 

 

 

 

 

 

ギャンブル等の勝者と敗者の割合

パチンコやパチスロは全体の8割~9割くらいが負けているという。

このデーターがいつのものだったか覚えていないから、若干今と比べると誤差があるのではないだろうかと思う。

やはりパチンコやパチスロで食っている人は根が真面目な人が多い。もしくは、パチンコやパチスロに対する情熱が非常に高い。

例えば、今はネットで公開しているところも多いが、プロや勝っている人は別として

どのくらいの人が、データーチェックなどをしているであろうか。

普通はめんどくさいで終わってしまうが、これをやっているかやっていないかで

大分違ってくる。

 

ネットで大半は大丈夫かもしれないが、閉店間際などで例えばゲーム数を調べておくなどをしておくだけで、次の日の戦略は大きく違ってくると思うし、続けていればその店がどのような店なのかも何となくわかってくるかもしれない。

 

一方で、株はというと95%以上の人間が負けているという。

もちろんこれも技術のあるなしや、たまたまアベノミクス相場で一攫千金を得た人も

含まれていると思うのでので長年トレーダーとして食ってきた人間と比べたりするのは全くあてにならない。

 

やはり株で常に勝っている人は常にテクニカル分析などを怠らないだろうし、負けている人間とは違い常に勉強をしているものだと思う。もちろん、慣れだったり経験値の高さもあるだろう。

株に関してはまだまだミジンコ並みの経験値しかないが、少しずつ経験値を高めていこうと思う。

 

 

 

昔は考えられなかったこと

自分がパチスロを始めた頃は、女性ライターというのはかなり少なかった。

しかし、今ではアイドルが普通にパチンコやらパチスロを打つ時代となった。

パチンコパチスロの人口減少と収益自体が減少し続けている今、パチンコやパチスロの番組や動画は人気があると聞いたことがある。

確かにyou tubeで検索すれば山のように動画は出てくるし、テレビ番組でもパチンコパチスロの番組は多い。

中途半端なアイドルより美人が出演していることも多いし、何しろ疑似的に打っているという錯覚を覚える。

パチンコもパチスロも規制で、ユーザー数の減少で厳しくなっていく今、このように番組や動画を発信することでユーザーを繋ぎとめているのだろう。

まあ一番は同じようなシステムのようなものをばかりを作ることではなく、斬新な新しい機種を作ることなのかなあと思う。

 

 

人の意見に惑わされてはいけない。

とんでもない売りがやってきた。

10時30分くらいだったであろうか、620円付近で均衡していた状態は一気に緩み、突如として暴落、約ー70円ほどのマイナスを記録した。

おそらくもっと落ちるであろうと思っていたが昼休みということで、売りはストップ。

きっと本来の精神状態だったら、鼻ほじりながらみていたであろう。

しかし色々ツイッターをみていたおかげか、危機を煽られ結局売る。

そして売った値段は548円というすぐ底で売ってしまった。

このまま下落すればよかったものの、どういうわけか反転。

一気に現在608円まで戻す。

意味わからんわ。

でもよく考えれば数日前にもあったことだった。

大きく下がってまた後場に挙げる。

常套パターンだったような気がする。

いかに自分の意思、自分の考えというものが必要で必須であること

欲望という悪魔を打ち消さないといけないこと。

という気持ちが改めて分かった。

またもSNSで足を引っかけられてしまったが、ギリギリ575円で買うこうことができた。

でもビットコインやマーチャントのときもそうだけど、どうして同じことしちゃうかな……。

 

 

 

 

引きこもりが株価を上げる。

昨日に続き、ストップ高を記録した。今日は記録したものの、そこから大幅な売りが入り、下落してしまったのだが、実質上は2日連続で記録した。

そして新しい今日、第三者割当増資のIRが出た。

PTSではこのIRがマイナスだと判断しているのか、かなり下げている。

個人的には株価にはあまり関係ないのではないと思うが、果たして大元はどう判断するだろうか。

実際、ここ数日上がりっぱなしのことを考えると、何日かは調節が入る可能性もあるだろう。

ただ、500円もあっさり超え、600円も比較的簡単に超えてしまった。勢いというのもあるのでこのまま4桁にいってほしいという気持ちもある。

しかし25日には朝鮮人民軍創設記念日が近づいている。

様々な憶測があるが、今回はどうなるだろうか。

もう一つ、北朝鮮のこととは全く関係ないが、あと一週間もすればゴールデンウイークに突入する。

大型休暇の前はゲーム株や電子書籍関連の株が上昇するという。

どうやら、休みの前はがっつりゲームなどをする人が増えるからというものらしい。

今週最後の金曜日、まだ上がっていなさそうなゲーム関連株を物色してみるのもいいのではないだろうか。

 

 

色々な格言に対して思うこと

株の格言に「卵は一つの籠に盛るな」というのがある。

簡単に言えば、一つの銘柄に金をつぎ込むなということだ。

もちろん、この格言は合っていると思うし、実際大きく下がった銘柄を他の買った

銘柄でカバーできる。ということも多々ある。

しかし、それができるのは株式投資に多量の金をつぎ込める人間であって、やはりそれなりの収益を掴もうと思ったら多少のリスクをとらないといけないのではなかろうかと

思う。

10万より100万、100万より1000万持っているほうが、特に金を掛けるものにとっては有利に働くことが多いのは事実である。それはパチスロ、株にも当てはまる。

自分もそうだが、あまり株につぎ込めない場合などはこれといった銘柄に金を入れてしまったほうが、結果的にプラスに転じることが多い。

もちろん銘柄を吟味して、ネットの情報に惑わされずに自分で決めた銘柄に限っての話だが。

 

 

 

ソレイジアファーマを買って売るだけのお仕事

昨日ソレイジアファーマネット説明会があり、個人的にはあまり株価上昇の期待をしてはいなかった。しかし結果は真逆だった。

前場は一時最高値をつけた。前場はずるずると下落し、後場に入り安値である413円をつけると均衡状態を保った後、一気に右肩上がりに上昇する。

最終的には467円まで上がり、数分前で大きく下げてしまったが459円で引ける。

後場の上昇を見ると、前場の下落が調節だったのか説明会に対してのがっかり感だったのかは分からないが、後場の上げを見るとあまり関係なかったのではないと思う。

しばらくは、このような状況が続くのではないか。

個人的には436円で売ってしまった後、423円で買い戻しに成功し、今日もなんとかプラスで終えることができた。

今日の株価次第ではソレイジアファーマはしばらく手を付けることはなかったと思うが、しばらくは、売って買う。買っては売る。ということを続けられそうである。